ホーム > 日記 > 生活していくための住まいは子どものものでもある

生活していくための住まいは子どものものでもある

遊び心って、大人になっても大事なものだと思います。アイデア溢れる人は見た目もいつまでも若々しい気がしませんか。世の中に商品を送り出したり、決まりを作る大人ですが、考えてみると子どものものを大人が作っているのはおかしな話です。おにごっこやかくれんぼなど、子どもの遊びは大まかなルールはありますが、その時々のメンバーや場所によって細かいルールを設定したりと柔軟性に溢れています。大人が作ったゲームはおもしろいけれど、ボタンを押して決まった動きしかしないものは飽きるのも早い気がします。

 

生活 住まいはみんなのもの

 

生活していく上で欠かせない住まいですが、インテリアは大人が決めてしまいます。汚すことを気にして住むくらいなら、思い切り落書きのできる家のほうが伸び伸びできるんではないかなと時々思います。


関連記事

  1. 生活していくための住まいは子どものものでもある

    遊び心って、大人になっても大事なものだと思います。アイデア溢れる人は見た目もいつ...

  2. 一瞬の淡い夢でした

    昔からファンだったあのアーティストの今回のツアーは、競争率が高くてやむなく断念し...

  3. 上陸特別許可をもらった友人の話

    依然勤めていた会社の工場に、結構な数の外国人が一緒に働いていたんですけど、先日、...